第6回目の旅 2003.1.12(日) 下関ふくフク号

初めて乗った線
なし

どんな旅
 妻とくじら料理を食べようと臨時快速「下関ふくフク号」で下関へ。

 大町7:41発。

 横川から「下関ふくフク号」。 この列車は昨年9月7日、筑豊へ行くとき乗った「関門海峡物語号」の冬版。あの時はディーゼル列車だったが、今回は電気機関車が、人気の「SLやまぐち号」で使用しているレトロな客車4両(明治風、欧風、昭和風、展望車風)を引いている。ほとんど満席。熟年夫婦も多い。

画像 下関駅で。






画像 客車側から撮ったので金網も写っている。










 展望車はこどもたちに大人気。かくいう私も下関までの3時間余りをほとんどこの車両で過ごした。内田百閒気分。

画像

画像


 下関11:37着。

 長州くじら亭でくじら料理のフルコース。尾の身やベーコン、竜田揚げなど色々なものが少しずつ出てくるが、なんといってもさえずり(舌)は一番の珍味。とはいえ こどもの頃、油を搾り取ったあとのぼろぼろの塩くじら肉は、今日のフルコースに勝るとも劣らないご馳走だったものだ。

 水族館(海響館)など楽しんで、東京行きの特急「あさかぜ」を見送り、17:05発の来たときと同じ列車で帰広。
画像
                                「あさかぜ」







 
 大町20:47着。

 帰宅してから急に風邪で発熱、寝込んでしまった。展望車でしっかり寒風にさらされたからかもしれない。
                          412.2km






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック