三陸再訪  その2の2 田野畑から気仙沼まで 2012.9.24-28(後編)

後編 宮古から気仙沼まで 3日目(9/26)  早朝姉ヶ崎展望台と、天皇・皇后も行かれたという浄土ヶ浜展望台を散歩。右手の松林の間から朝日が昇り、絶景が明けに染まる。             姉ヶ崎展望台            浄土ヶ浜展望台  8:15の宮古行送迎バスに乗り浄土ヶ浜で下車。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三陸再訪  その2の1 田野畑から気仙沼まで 2012.9.24-28(前編)

 あの日から1年8か月になる。被災された方のことを思うと胸が痛む。復旧にかかる問題やテンポの遅さが度々報道され歯がゆい思いもする。  そんな中、少しでも明るいニュースや地元の方達の笑顔にすがりたい思いがある。 私にとっての朗報の一つは、田野畑村の本家旅館が営業を再開したことだった。  昨年8月ごろの岩手日報でそのことを知った。「旅館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三陸再訪  その1 塩釜・石巻 2011.9.7-8

 昨年9月、上京の機会があって塩釜と石巻へ足を伸ばした。帰広後すぐにブログにまとめようとしたが、目の当たりにした光景の衝撃は大きく、気持ちの整理がつかないまま日を過ごしてしまった。  今年9月には岩手県などを訪ねたので、別に、「三陸再訪  その2 田野畑から気仙沼まで」としてブログに載せる予定。 1日目(9/7) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第32回目の旅 北東北 前編 三陸その2 2007.7.27(金)-8.3(金)

(三陸その1からのつづき) 3日目 7月29日(日)  盛岡6:43発 花巻で途中下車。駅には「花巻東高校 甲子園出場」の横断幕が掲げられている。  (注 菊池雄星が活躍し、県立佐賀北高校が優勝した年。)             (花巻駅)  地下道をくぐり駅裏の公園に保存されている「馬面電車」を見に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第32回目の旅 北東北 前編 三陸その1 2007.7.27(金)-8.3(金)

しばらくぶりにブログを再開しようと思っていたやさき、2011年3月11日の東日本大震災が発生した。  当分の間は何もする気さえ起らなかったが、4月に可部線跡地めぐりをすませると、4年前に行った北東北の旅を、どの旅にも優先して整理しておこうと思うようになった。  北東北の旅は前編を三陸(その1及びその2)、後編を津軽とした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可部線が一部復活(2012.4更新)

 JR可部線の一部が近く復活することが決定された(2011年2月)。 昨年の秋、広島市の動きが報道され、期待に胸を膨らませていたが、夢が実現することになった。本当にうれしい。  広島市のHPによると、「手続き実施中の事業(仮称)JR可部線電化延伸事業」の規模は、普通鉄道 単線電化 1.7km、区間は可部南5丁目~亀山南1丁目付近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第44回目の旅 後編

「第44回目の旅 2010.6.13(日)-20(日) 稚内へ 全線乗りつくし達成 前編」からの続き 14:05-15:05 興浜北線(前出)北見枝幸駅跡   公園になっていて記念碑が建ててある。            (北見枝幸駅跡)  向かいのバスターミナルの人が親切にも、「ここに展示していた資料がオホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第44回目の旅 2010.6.13(日)-20(日) 稚内へ JR全線乗りつくし達成 前編

どんな旅  今回の旅で、普通列車によるJR全線乗りつくしを達成した。妻同伴。せっかくだからと一番良い季節を選び、利尻・礼文島を巡り、廃線の前に乗ることのできなかったオホーツク海沿岸の駅跡をたどることとした。  運よく取れた寝台特急カシオペアが花を添えてくれた。 初めて乗った線 宗谷本線(塩狩ー稚内間)     …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第43回目の旅 2009.9.2(水)-5(土) 宗谷本線塩狩駅と由利高原鉄道

どんな旅  今年は夫婦で稚内へ行き、普通列車の旅の総仕上げをしよう、ついでに利尻・礼文島巡りもとプランを練ってきたが、妻が直前になって風邪を引いてしまった。春から新型インフルエンザも流行していて怖気づいたのか自分は行かないという。稚内は来年回しにし、早割りで取っておいた航空券一人分などをキャンセル。その代わり自分だけで、今回割愛するこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第11回目の旅 2003.9.8(月)-9.10(水) 越美北線、小浜線、草津線など

どんな旅  越美北線に乗るついでにえちぜん鉄道に乗り、小浜線や草津線などをできるだけ効率よく回ろうとしたらこんなコースができた。 初めて乗った線(普通列車で) 北陸本線の一部(長浜ー芦原温泉間) 越美北線全線(越前花堂ー九頭竜湖) 小浜線全線(敦賀ー東舞鶴) 舞鶴線全線(東舞鶴ー綾部) 山陰本線の一部(綾部ー福…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可部線廃線跡を訪ねる その2

 その1からつづく  (津浪) 2012年4月15日   「ぷらっとホームつなみ」開店一周年記念行事を開催。舞台や屋台も設けられ賑わっている。       去年も食べた「蒸気饅頭」。一時は行列もできた。   名前の由来は形が蒸気船だから。地元の人にとっては何十年ぶりかに復活 した懐かしい味だとか。あんこたっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可部線廃線跡を訪ねる その1

 可部線の非電化区間が廃線となったのは平成15年(2003年)11月30日。記憶も曖昧になってきているが、その後どうなっているだろうとずっと気になっていて、2009年春と夏、駅跡を一つずつ訪ねてみた。  太田川の流れは変わらないが、それぞれの駅の姿は人の一生のそれに似てさまざま。時の流れをひしひしと感じる。  2010年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第10回目の旅 2008.8.31(日)-9.1(月) 九州北部と内子線など

どんな旅  昼間4,5時間もの間列車のない筑豊本線原田・桂川間に焦点を合わせながら、日田彦山線や篠栗線、香椎線などをまわり、小倉から船で松山へ渡って内子線に乗る。 初めて乗った線(普通列車で) 日田彦山線の一部(日田後藤寺ー夜明間) 久大本線の一部(夜明ー久留米間) 筑豊本線の一部(原田ー新飯塚間 この線完乗) 篠栗線 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第9回目の旅 2003.8.9(土)-11(月) 九州鉄道記念館、長崎本線など

どんな旅  開館したばかりの九州鉄道記念館と、松本清張記念館を訪ねたあと長崎本線などに乗り、博多から夜行列車ムーンライト九州で早朝加古川着。福知山まで行く。 初めて乗った線 鹿児島本線の一部 (門司港ー鳥栖間) 佐世保線 全線(肥前山口ー佐世保) 長崎本線の一部 (鳥栖ー浦上間) 大村線 全線(早岐ー諌早) 加…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第39回目の旅 2008.9.7(日)-9.10(水) 甘木鉄道 高千穂鉄道(廃線) 西南の役

どんな旅    第37回目の旅で余った青春18きっぷ2回分で、3セクの甘木鉄道や高千穂鉄道(廃線)に寄り道しながら念願だった西南の役の史跡を訪ねた。  文章はほぼ妻宛のメールを転記。 初めて乗った線  甘木鉄道 全線(基山ー甘木)  西日本鉄道甘木線 全線(甘木ー宮の陣)  同上 天神大牟田線の一部(宮の陣ー西鉄久…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

第38回目の旅 2008.9.1(月)と3(水) 美祢線 水島臨海鉄道

どんな旅  第37回目の旅の後、妻と一緒に九州へ行く予定だったが、妻の都合がつかなくなり、余った青春18きっぷ4回分のうち2回分で日帰り、残りの2回分は西南の役の史跡を訪ねる旅に充てることにした(第39回目の旅)。 初めて乗った線 水島臨海鉄道の一部(倉敷市ー水島間) 岡山電気軌道 9月1日(月) 美祢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回目の旅 後編 2008.8.3(日)-8.7(木) しなの鉄道、鉄道博物館など

どんな旅  入院した娘の様子を見るため予定を変更して川崎へ。病状が快方に向ったので旅を再開。行き当たりばったりの旅になった。  越後鹿渡からの当初の予定は、長野ー松本ー(大糸線)ー糸魚川ー富山(泊)-(高山本線)ー高山ー(バス)ー北濃ー(長良川鉄道)ー美濃太田ー岐阜(泊)ー広島 初めて乗った線 飯山線 代行バス部分(十日町ー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第37回目の旅 前編 2008.7.28(月)-8.2(土) 江差線、函館本線の乗り残し部分など

<前、後編を通して>  「宗谷本線以外は全線普通列車に乗った」と吹聴してきたが、勘違いしていたことに気がついた。江差線の木古内ー五稜郭間と函館本線の大沼ー森間は特急列車しか乗っていない。飯山線と高山本線には代行バスで通った区間があって心残り。JRから3セクに移行した線には廃線に追い込まれている例もある。今のうちに乗っておき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮脇俊三さん

宮脇俊三さんは2003年(平成15年)2月26日、76歳で亡くなられた。あのショックからもう5年になる。   その後特集記事や雑誌などが数多く発行された。おかげでご生前の頃よりもたくさんのエピソードを知り、ますます氏の魅力に惹かれることとなったように思う。  今はどうか知らないが、以前は趣味蘭に「鉄道」と書く人はあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第8回目の旅 2003.7.22(火)ー23(水) 徳島線など四国東半分

どんな旅  牟岐線の海部が行き止まりで、休暇が取れればその先の室戸岬などをバスで巡ってみたいところだったが・・・・・。おまけで乗った三セクの阿佐海岸鉄道阿佐東線が思いのほか収穫だった。 初めて乗った線(普通列車で) 宇野線の一部 (岡山ー茶屋町間) 本四備讃線 全線(茶屋町ー宇多津) 予讃線の一部 (高松ー多度津間) 土…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more